フェミニーナ軟膏そうろう

フェミニーナ軟膏は早漏防止効果があるか実際に試してみた

フェミニーナ軟膏はかゆみ、かぶれの薬ですが、麻酔成分が2%含まれているので男性の早漏防止に効くと評判です。
そこで、本当に早漏防止に効果があるか実際に購入して使ってみました。

 

結論は

 

フェミニーナ軟膏は早漏防止に効きます。
ただし、量や塗る時間は個人差があるので、自分に合う量、時間を試しておいたらいいと思います。

 

フェミニーナ軟膏は普通の薬局でドラッグストアに売っています

 

フェミニーナ軟膏は大きさが15gと30gがあります。
とりあえず15gを買ってきました。

 

フェミニーナ軟膏はこんな軟膏です。

 

塗って30分ぐらいで効きてきます。

 

人によって個人差があるので、亀頭に少しぬるだけでも、べったり全体に塗るのがいいかたもいるかと思います。

 

塗りすぎるとホントに感覚がなくなるので、ほどほどにというか自分にあった量を塗ってください。

 

エッチの前にはフェミニーナ軟膏はふきとっておいたらいいです。

 

拭き取らないと相手の方に麻酔成分がうつってしまい、相手が感じなくなります。

 

フェミニーナ軟膏のメリットデメリット

 

フェミニーナ軟膏のメリットは

 

・早漏防止効果がある

 

・20分から30分程度で効く

 

・薬局、ドラッグストアで簡単に買える

 

フェミニーナ軟膏の欠点は

 

・早漏の根本的な解決にはならない

 

・心因性の早漏には効かない

 

・感度がにぶくなる、つけすぎると勃起しなくなる

名称 フェミニーナ軟膏 キシロA軟膏
製造会社 小林製薬 第一三共ヘルスケア
大きさ 値段

15g 880円(税抜)
30g 1,400円(税抜)

10g 450円(税抜)
有効成分(100g中)

リドカイン2.0g
ジフェンヒドラミン塩酸塩2.0g
イソプロピルメチルフェノール0.1g
トコフェロール酢酸エステル0.3g

リドカイン2.0g
ジフェンヒドラミン0.5g
セトリミド0.5g

 

フェミニーナ軟膏の副作用

 

私にとっては副作用はありませんでしたが、一部の方には副作用があるようです。

 

・フェミニーナ軟膏の副作用は発疹、発赤、かゆみ、腫れ、などの他に薬剤性EDがあります

 

 

フェミニーナ軟膏の100g中の成分分量は

 

リドカイン2.0gかゆみを素早く鎮めます(麻酔成分)

ジフェンヒドラミン塩酸塩2.0gかゆみの発生を抑えます
イソプロピルメチルフェノール0.1g雑菌の発生を抑えます
トコフェロール酢酸エステル0.3g肌の新陳代謝を高めます

 

フェミニーナ軟膏とキシロA軟膏の比較は

このページの先頭へ戻る